シンプルゴルフ

参考にできるゴルフの情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近のFWは球を拾いやすく、上がりやすいクラブ。重心が高く、ミス
への許容範囲も大きい。さらに長いクラブはどうしてもボールが上が
りにくいが、ロフトがある程度あればクラブが上げてくれる。

それを踏まえて

実際使ってみると、なかなか難しい。ボールは上がらず、ミスショット
が・・・・。結局使わずじまいなんて事も・・・。


ボールをあげるのはクラブの仕事

アマチュアの多くは苦手意識から本来の使い方の逆パターンをやって
しまう傾向があるようです。

例えば、3番ウッドはロフトが少ないから「上げよう」として手元が浮いて
しまうとか(ヘッドスピードがないとボールが上がらないと言う思い込み
で)速く振ろうとして手打ちになったり・・。

最近のFWはロフトが立ち気味。なおかつ重心が浅めなのでキチンと
インパクトいないと性能は発揮されません。キチンと当てると言うのは
速く振って当てると言う事ではなく、適正な入射角度でロフト通りに当て
ればそれで良い。

後は、シャフトのしなりを生かしてインパクトゾーンでボールを弾いて
やれば、ボールは上がる。し飛んでくれる。
ヘッドスピードがないとボールが上がらないと言うのは、大きな勘違い
のようです。



ゴルフ自宅練習プログラム


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://simplegolf.blog119.fc2.com/tb.php/332-b1241b42

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。