シンプルゴルフ

参考にできるゴルフの情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コースが緑になって最高の季節。 「夏」 ゴルフウェアも半袖に
なって最高です。それと同時に重く難しいラフが伸びる時期にも
なった事も言えます。

アマチュアの人はラフの打ち方の基本を勘違いしていて「芝の
抵抗が強い = 強く振る」という間違った打ち方をして飛距離が
出なかったり、ネックに芝が絡まってひっかけたりとミスがでる。

コースでのボサボサのラフで素振りをすると分ると思いますが
、力んでヘッドを上から打ち込むほど、芝の抵抗が強くなって
ヘッドの抜けは悪くなります。

夏ラフの打ち方で基本は「大きく、ゆっくり」振る事が基本で、
アイアンによっても打ち方は違うのでいろいろ試してみるのも
良いかもしれません。

打ち方の違いについては、芝の抵抗を減らすのにフェースを
開いたり、さらにアッパー気味に打ってみるとか、引っかかっ
ても安全な方向に打つなど、その場の状況でいろいろな打ち
方があるので、まずはミスを怖がらずに打ってみる事が良い
かもしれません。


「バンカー、アプローチが100倍上手くなる方法」



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://simplegolf.blog119.fc2.com/tb.php/331-a787d35b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。