シンプルゴルフ

参考にできるゴルフの情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
練習場では理想のボールが打てたのに!?。気分よくコースに
出たものの本番では理想には程遠いボールばかりしか出ない。
この様な苦い経験をしたゴルファーは多いと思います。

その原因は何か?

練習場のボールと本番で使うボールに違いがあるとすれば・・・



練習場で使うレンジボールは広い練習場を確保しにくい日本特有
の事情から生まれたボールで打球が外へ飛び出すのを防ぎ、
本番で使うボールより高く上がらない、飛ばないように設計されて
いる。

レンジボールは打感が軽いので、それを無理につかまえに行くと
スウィングを壊してしまう原因になってしまう。

練習場では結果にとらわれず、体の動き、スウィングテンポ、
ボールをヒットする感覚を磨く事に集中した方が良いようです。

レンジボールでは目標に対して軽いスライスぐらいの方が本番
では狙った目標方向に飛ぶ可能性が高いので気をつけて練習
した方がよさそうです。



◆  ゴルフ自宅練習プログラム 


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://simplegolf.blog119.fc2.com/tb.php/328-81af4ba6

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。